ピルは高い避妊効果がありますが、避妊以外の効果もありピルの種類によって違います。使用するのであれば自分の目的に合わせてピルを選ばれるとよいでしょう。またピルはネットでも気軽に注文することが可能となっています。

  • ホーム
  • 体内に入った精子はどれくらいの間、生存しているの?

体内に入った精子はどれくらいの間、生存しているの?

たくさんの薬

社会人として仕事をしている上で多くの人が悩みとして抱えるのが人間関係です。
学校という同じ年代の狭い世界とは違い、社会は様々な世代の人からいろんな考えを持った人まで集まるため、意見の食い違いなどが発生してストレスになるのは当然のことだと言えます。
どんな仕事でも大変なのは当然なのですが、特に難しい仕事だというイメージがあるのが医療事務です。
医療事務は比較的女性が多く勤めている傾向があることから女社会だと言われています。
なぜ医療事務では人間関係の問題が発生しやすいのか。
それには大きく2つのベクトルが存在します。
まずは同僚との仲です。
同じ時期に勤め始めた人や年齢が近い人というのは比較的うまくいく可能性があるのですが、女社会であれば必ずベテランの域にいるお局が存在します。
このお局に悩まされる人というのは実際多く、退職理由としても多くの人がこれを理由に挫折しています。
女というのは例え気のない男性であっても、近場に異性がいるとちょっと控えめな態度になってしまうものです。
しかし女社会であることから妬みを言いやすい環境となるため、遠慮なく悪口を言うようになってしまいます。
女というのは噂が好きな生き物ですから、陰口もすぐに本人の耳に届いてしまいます。
更には医療事務という現場はそれほど広い世界ではないのでちょっとした人間関係のストレスも大きな物に変化しやすいという特徴があります。
もう1つのベクトルとしては患者さんとの接し方によるものです。
病院というのは何かとお金がかかりますし、更には心身共に弱っている人も多いのでデリケートで気が立っている患者さんも少なくはありません。
そのため接し方を少しでも間違えれば相手の逆鱗に触れてしまう可能性もあり、それが理由で辞めてしまう人もいます。
2つのベクトルがあるものの、どちらも人間を相手にする悩みであることにかわりはありません。
自分1人の問題ではない場合もあるため、耐え切れないと判断すれば退職を選んでしまうという人も多いのが現実です。

アイピルを使っても避妊に失敗する場合がある

アイピルは性行為を行う場合に、避妊をするのを忘れてしまったという時や避妊失敗してしまった時などに使用する緊急避妊薬です。
アイピルには、精子と卵子の受精を防ぐ働きや受精卵の着床を防ぐ働きがあります。
アイピルには、女性ホルモンの1つである黄体ホルモンが含まれています。
黄体ホルモンは通常のピルにも含まれている成分ですが、アイピルのような緊急避妊薬には通常のピルの数倍の量の黄体ホルモンが含まれています。
アイピルを服用して黄体ホルモンが体内に入ることで疑似妊娠状態となり、排卵が起こらないようにしたり、受精卵が着床しにくくなるといった効果があります。
性行為を行ったのが排卵日で精子と卵子が受精してしまった場合でも、受精卵が子宮内膜に到達して着床するまでには一週間程度かかります。
アイピルには受精卵を着床しにくくする効果もあるので、妊娠を避けることができます。
ただし、アイピルを服用するタイミングが性行為から時間が経つにつれて、段々と避妊に成功する確率は下がっていくことが分かっています。
アイピルは性行為後1日以内に服用すれば90%以上の確率で妊娠を防ぐことができる薬ですが、24時間を過ぎると徐々に成功確率が下がっていきます。
ですから絶対に妊娠したくないといった場合には、性行為後1日以内に服用することが重要です。
アイピルは錠剤タイプの薬なので、手軽に服用することができます。
万が一のことを考えて、普段から常備しておくと安心できます。
また、緊急用なのでピルのように毎日服用する薬ではありません。
アイピルを使用する頻度が高くなると、避妊に失敗する確率も高くなってしまいます。
あくまでも緊急時にのみ使用することが大切です。