ピルは高い避妊効果がありますが、避妊以外の効果もありピルの種類によって違います。使用するのであれば自分の目的に合わせてピルを選ばれるとよいでしょう。またピルはネットでも気軽に注文することが可能となっています。

  • ホーム
  • ピルの副作用って妊娠した時と似ている

ピルの副作用って妊娠した時と似ている

ピルを内服した時に起こる副作用には、吐き気、嘔吐、熱っぽさ、乳房の張り、頭痛、むくみなどがあります。
これらの症状は、実は妊娠した時と非常によく似ています。
よく考えてみると、それも当然のことで、ピルを内服している時と、妊娠した時は同じようなホルモンバランスになっているために、似た症状が起こるのです。
ピルの副作用が起こる原因は、女性ホルモンを体内に取り込んだ時に、身体がまだ慣れていないため、取り入れたホルモン量と、自身で分泌するホルモン量の調整がスムーズに行えないことです。
ピルには合成女性ホルモンが入っているので、一時的に体内では、ホルモン量が多い状態になることがあります。
妊娠中は、妊娠をしていない時と比べて、ホルモン量が大きく変化します。
黄体ホルモンであるプロゲステロンは排卵後分泌が増えた後、妊娠していなければ分泌量が減り、子宮内膜が剥がれおちます。
しかし、妊娠している時にはプロラクチンは分泌され続け、子宮内の受精卵を体内にとどめます。
つまり妊娠している時はプロラクチンは分泌を止めずに高い値を保ったままになるのです。
この状態は、ピルを服用して、体内の女性ホルモン量が多くなっている時と同じです。
そのため、全く同じような症状がでるのです。
ピルを内服しても、体外から入ってきた女性ホルモンの量と体内で分泌される量が上手くバランスを取り合っている時には、ピルの副作用の症状はあらわれません。
ピルの副作用が、服用開始時期に多いことはそのためです。
ピルを開始したばかりの頃は、体が体外から入ってくる女性ホルモンに慣れていないので、上手く対応できません。
そのために、体内では一時的に、ホルモンバランスが崩れ、副作用という形で、吐き気などが起こっています。
そのため、ピルの副作用である、頭痛、吐き気、嘔吐、乳房の張り、むくみは、ピル服用開始後2~3か月もすればおさまってきます。
これらの軽度の副作用は、ピルのマイナートラブルと呼ばれています。

ピルによるマイナートラブル発生の頻度

ピルの服用開始後のマイナートラブルは、多くの人が経験するものです。
中には、ピルを初めて使っても、なんの体調変化もない人もいますが、そういった人のほうが少ないくらいではないでしょうか。
ピルのマイナートラブルで最も発生頻度の高いものが吐き気です。
服用開始1か月以内で30%の人に、この副作用があらわれるといわれています。
吐き気といっても、なんとなく気持ちが悪い気がするという程度のものから、本当に嘔吐してしまうものまで様々なものがあります。
ごく軽度のものも含めたら、30%以上の人が、なんらかの吐き気を感じていると思われます。
その他のマイナートラブルで比較的発生頻度の高いものは、頭痛、偏頭痛、乳房の痛み、乳房の張り、不正出血などがあげられます。
これらのマイナートラブルは、5%程度の人にみられます。
不正出血は、出血する時期ではないのに出血をしてしまうものと、出血をするはずの時期なのに出血が見られないというものの両方があります。
これは、ピルを飲み始めて最初の1~2周期の時によく起こりがちです。
次第に安定して、不正出血は起こらなくなります。
発生頻度が0.5%~5%ほどのマイナートラブルには、皮膚に発疹ができる、皮膚がかゆくなる、むくみ、体重増加、血圧の上昇、心臓が速く脈打つ、食欲不振、口内炎、腹痛、下痢、便秘などといった様々な症状があります。
また身体的なものだけではなく、精神的なマイナートラブルもあり、イライラする、めまい、体がだるい、やる気が起きないといった症状が起こることがあります。
マイナートラブルの症状は多岐にわたっていますが、どれも服用を続けているうちに軽くなっていくことがほとんどです。
どうしても我慢できない症状がある場合には、主治医に相談しましょう。