ピルは高い避妊効果がありますが、避妊以外の効果もありピルの種類によって違います。使用するのであれば自分の目的に合わせてピルを選ばれるとよいでしょう。またピルはネットでも気軽に注文することが可能となっています。

  • ホーム
  • トリキュラーが人気の秘密って何?

トリキュラーが人気の秘密って何?

低用量ピルは、正しい使い方をすれば、殆ど完全に避妊ができる確実性の高い避妊薬です。
また、妊娠を希望すれば、服用を止めることで、何時でも妊娠可能になれるわけです。
加えて、生理不順の女性に関しては、月経周期の安定にも寄与するので、現代女性のライフスタイルに適合したアイテムとして浸透しています。
トリキュラーは、日本の医療機関で処方してもらえる人気の低用量ピルですが、3相性タイプに属しています。
低用量ピルには、1相性タイプと3相性タイプの2種類があり、効き方に違いがあります。
妊娠には黄体ホルモンと卵胞ホルモンという女性ホルモンが大きく関係しており、当ピルの成分となっています。
1相性タイプは28日間サイクル中のホルモン量が一定になるように配合されており、3相性タイプではサイクル中の黄体ホルモンの量が、3段階で変化するよう調整されています。
低用量ピルは、女性が主体的に避妊をするために不可欠なアイテムになっていますが、月経困難症や過多月経など、月経随伴症を軽減する効果もあるのが大きなメリットです。
さらに、月経前症候群(PMS)の軽減や子宮内膜症の予防にも寄与すると言われています。
初心者の場合には、吐き気や出血などの副作用が伴うこともありますが、通常は服用を続けることで解消されてきます。
それでも、症状が改善しなければ、種類を替えることで殆ど解消されます。
トリキュラーをはじめとする低用量ピルの服用の仕方としては、極力、毎日同じ時間帯に服用することが大切です。
自分の飲みやすいタイミングを決めておくのが効果的で、忘れるリスクを減らせます。
また、最近ではメールやLINEなどで服用時間を知らせてくれるサービスも提供されており、安心して飲み続けることができます。
但し、飲み忘れた場合には、翌日にまとめて飲むことができます。
それでも、一度に大量のピルを服用すると、血栓症のリスクがあるので、毎日1錠ずつ服用した方が安心です。
低用量ピルは、飲み忘れても翌日に調整できるのがメリットですが、その際には多めの水を飲むことが大事です。
そして、正しい服用の仕方を守れば、女性にとって強い味方になります。
ネットでも安い値段で購入できるので、服用を秘密にすることも可能です。
但し、年齢やBMI、そして合併症が原因で服用できない場合もあるので、服用の際には必ず医師や薬剤師に相談する必要があります。

トリキュラーは安くて確実に避妊ができるピル

トリキュラー は、ドイツの製薬会社が製造・販売している低用量ピルで、世界中で使われている人気の避妊薬です。
比較的に副作用が少ないのが特徴で、日本でも多くの女性が服用しています。
当避妊薬の成分となる黄体ホルモンと卵胞ホルモンは、卵巣から分泌される女性ホルモンなので、安全性に関しては、全く問題がありません。
2つのホルモンが妊娠状態に近いホルモンバランスを形成することで、高い避妊効果を発揮することになります。
トリキュラーを継続的に服用することで、排卵自体が起こらなくなるので、受精卵が子宮に着床する状態にならないわけです。
トリキュラーは、コンドームよりも避妊の確実性が高いとされており、妊娠を望まない女性にとっては、とても有用性が高い薬となっています。
但し、避妊効果が高いとは言え、感染症の予防効果は期待できません。
それ故、性病のリスクを避けるためにも、コンドームの使用が推奨されています。
また、トリキュラーには月経痛や月経不順等の症状に対して、緩和効果を期待できます。
それ故、生理不順で悩む女性に対しても、服用が推奨されています。
トリキュラーの使用法としては、月経の1日目から服用を開始します。
1日1錠を3週間連続で服用し、その後、1週間服用を控えます。
服用を止めている期間に生理が起こり、このサイクルを守っていくことになります。
服用に関しては、毎日定時に行なうのが効果的で、飲み忘れた場合には翌日に2日分服用します。
それ以上飲み忘れた場合には、服用を一時中止して、生理が来るのを待つ必要があります。
トリキュラーは、1箱に28錠入っており、値段的にも安い価格になっています。
通販でも購入することができるので、秘密を守ることができます。
初心者の服用開始時には頭痛や吐き気、そして不正出血などの副作用が起こることがありますが、継続的に服用することで症状は改善されます。
但し、それでも症状が解消されない場合は、かかりつけの医師に相談する必要があります。