ピルは高い避妊効果がありますが、避妊以外の効果もありピルの種類によって違います。使用するのであれば自分の目的に合わせてピルを選ばれるとよいでしょう。またピルはネットでも気軽に注文することが可能となっています。

  • ホーム
  • タバコを吸っている女性はピルを服用できない

タバコを吸っている女性はピルを服用できない

避妊薬として世界中でピルを使用している女性が大勢いますが、ピルを飲んではいけない人がいることを知っていますか。
そのひとつが、タバコを吸っている場合です。
特に35歳以上で1日に15本以上のタバコを吸っている人は、ピルの内服をしてはいけないことになっています。
これは何故かというと、タバコに含まれるニコチンの作用によるものです。
ニコチンが体に入ると、血管収縮を起こします。
これは、血管が縮んで狭くなることで、そのことで血液が流れにくくなります。
そして、ピルを内服していると血栓ができやすくなるという症状があります。
血栓は血液が固まったものです。
血栓ができただけでは、なんの症状もでませんが、血栓が血管に詰まると、詰まった先の血流が途絶えてしまいます。
そして、血流が途絶えてしまった場所の臓器は機能しなくなってしまいます。
これが、脳でおきた場合には脳梗塞ということになります。
心臓でおきた場合には心筋梗塞です。
ピルにはもともと血栓ができやすいという症状があり、タバコは血管収縮を起こすという症状があります。
このふたつが重なると、血栓が血管で詰まってしまう可能性が非常に高くなります。
血栓が詰まってしまうと、命にかかわる重大な病気を引き起こしてしまいます。
こういった理由で、タバコを吸っている人はピルの内服をすることができないのです。
特に35歳以上になると、血管の老化現象もあり血栓がつまりやすい状態になっていてリスクが高まることになります。
1日15本以上タバコを吸っているということも、タバコを吸う本数が多いということでリスクが高まることにつながります。
年齢や、タバコを吸う本数は目安であって、それ以下だったら大丈夫だというものではありません。
タバコを吸っていない人に比べたら、確実にリスクは高くなります。
ピルを服用することを考えている人は、まずタバコを吸うことを止めることから始めなくてはいけません。
血栓症は命にかかわる病気だからです。

血栓症は早期治療することが大切

血栓症は、詰まる血管の場所によって、違った症状がでます。
そして、重要なことは血栓症は早期治療することが大切だということです。
小さな血管で起こった血栓症を見逃さないようにして、早期治療を行っていれば、血流の途絶えた部分を回復させることができます。
血栓症は足の静脈で起こることが多いという特徴があります。
この時の症状はふくらはぎの痛みやむくみです。
そして、血栓症による症状だった場合には、足の片側だけに症状がでます。
筋肉痛などは両足にでることが多いので、片足にだけ違和感があるというのが目安になるでしょう。
ピルを服用していて、このような症状がみられた場合には、すぐに病院を受診することが大切です。
早期治療を行えば、完治する可能性もあります。
他に、脳に血栓症が起こった場合には、頭痛、舌のもつれや、ものの見えにくさといった症状があり、肺で起こった場合には息苦しさを感じます。
心臓の場合には胸部痛があらわれます。
そういったいつもとは違う症状が起こった場合には、血栓症の可能性があります。
また、発症する時期はピルの内服を初めて3カ月以内に起こることが多いという報告もあるので、特に飲み始めの時期は注意をしたほうがよいでしょう。
少しでも異変を感じたら、すぐに受診することが大切ですが、定期的に病院を受診することも大切です。
特にリスクが高いと思われる人は、ピルの内服をしている期間は定期的に婦人科を受診するようにしましょう。
そうすることで、日々の様子をチェックすることができ、もしも血栓症が起きてしまった時には、早期治療が行えるようになります。
ピルを内服する際には、医師の指示に従って内服し、定期的に受診するようにしましょう。